視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離とは、網膜の中の一番外側にある層と内側の層が剥がれてしまう病気です。

網膜は10層からできていて、そのうち一番外側を色素上皮層(しきそじょうひそう)、残りの9層を神経網膜(しんけいもうまく)といいます、この2つの膜は接着が比較的祉Aため、何らかの原因で離れてしまい硝子体液(しょうしたいえき)に浮き純I・ス状態になります。これが網膜剥離といわれる状態です。

網膜剥離の原因は様々ですが、一般的なのは姥薰ノよ・ト本来ゼリー状の硝子体が水のように父ヨサして動くようになり、網膜が引3」られて裂孔(裂け目)ができるために起こります。この裂け目から硝子体液が網膜の隙間に入り込んで、網膜が剥がれてしまうのです。

また、打撲(だぼく)など外からの強い衝撃が目に隠墲Bトこの状態が起こらキともあります。それ以外にも、糖尿病の場合にはもろい血管が網膜の上にできらキとが原因で剥離してしまうことがあります。

網膜剥離の症状には、ごみのような物が見える飛蚊症(ひぶんしょう)や視野が狭くな・スり欠けるなどの異常、ピカピカと目の中で光のようなものが見える光視症(こうししょう)などがあります。

このような飛蚊症や視野の異常を感じたら、すぐに検査を行う必要があります。網膜剥離の検査には、眼底検査(がんていけんさ)が重要です。これによ・ト多くの場合、網膜が剥離しているかどうかが確認できます。また視野に異常がないかを調べる視野検査(しやけんさ)なども行います。

治輸ノは手術が不可欠で、状態によ・ト適切な方法を選択する必要があります。レーザーを使・ト裂け目を塞ぐ方法や、網膜を元の位置に戻す手術、硝子体の中で出血した場合には硝子体ごと除去する手術などがあります。

早期に処置を行うと視力も回復すらキとが多いので、できるだけ早めに処置をすらキとが望ましく、処置後は蠀Aノして、目を使いすぎないよう注意すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.