視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

糖尿病網膜症(とうにょうd・うもうまくしょう)

糖尿病網膜症は、腎症(じんしょう)、神経症と併せて糖尿病の3聡。併症(が・リいしょう)の1つといわれています。

糖尿病は、世界的にa竄フ患者数が非常に増えている病気です。その合併症である糖尿病網膜症は、初期の段階で適切な治輸sえc・防や治輸ェできる病気です。

しかし、糖尿病自体が自覚症状の余りない病気のため治輸ノは習ノ的な人が多く、気がついた時には悪化していて失明してしまう人も少なくありません。踀
ロには、糖尿病の約40%の人に網膜症が見られるといわれるほど、糖尿病を持つ人にと・トは注意すべき病気なのです。

糖尿病になると、体中の血液の流れが悪くな・トきます。中でも網膜は細くて細かい血管が張り巡もzれているため、その影響が顕著に現れやすい場所です。はじめは網膜の血管が詰ま・ト小さな瘤(こぶ)のようにな・スり、わずかに出血する程度で症状はま・スくありません。この段階では、多くの場合血糖値をコントロールすらキとで改善すらキとができます。

しかし、徐々に進行してくると、血管が完全に詰ま・スところができて栄養が届かない部分が出てきます。この時点で目がかすむなどの症状があらキとも多いのですが、中には症状の出ない人a曹ワす。

さらに進行すると、血液が届かなくな・ス部分を補おうと新しい血管が伸d・きます。しかしこの血管は脆いため、破れて出血すらキとがあります。これが硝子体(しょうしたい)などで出血すると飛蚊症(ひぶんしょう)のように視野に異物が見えたり、急激に視力が落ちるなどの症状が出てきます。

ここまで進行すると手術による治輸ェ必要にならキとがほとんどですが、必ずしcッ輸フ効果が現れるとはいえません。こうい・ス網膜症の進行は一度渦ャがつくと止まらなくなり最終的には失明すらキともありますので、早い段階で销
sして糖尿病の治輸J始すらキとが必要です。

したが・ト、糖尿病網膜症の治輸ノはレーザーによ・ト網膜内の出血を止めたり血管を固めてしまう手術などと同時に、糖尿病を改善するための投薬や食事涌@などが必要となります。

このように糖尿病網膜症は早い段階での治輸ェ大変重要ですから、糖尿病と診断されたら定期的に目の検査を受けらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.