視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

黄廼マ性(おうはんへんせい)

黄班変性とは、老化が原因で網膜(もうまく)の黄班とよばれる部分が父ヨサして視力に障害が出てしまう病気のことです。

釘ノ50歳以上の人に多く見られ、また女性よりも男性に多いといわれています。黄班変性は、黄班が老化現象によ・ト機能が低下したために起こります。眼の中で最も視力のいい場所なので、視力の異常が顕著に現れます。

その迭・的な症状は、視野の中心となる部分が歪んだり見えにくくならキとです。主に視野の真ん中部分にこの症状が見られるため、ものを見る時に不便を感じますが、その周りの部分は見えらキとや符E福フ目から始まらキとなどから軽く考えてしまい、気付いた時には悪化している場合もあります。

黄班変性には2つのタイプがあります。

1つは萎縮型(いしcLがた)と呼ばれるもので、黄班が老化によ・ト萎縮してしまうものです。原因がは・ォりしないため治輸熏sわれないことがほとんどですが、進行が遅く視力に大きな異常が現れらキとも少ないタイプです。

2つ目は滲出型(しんしゅつがた)とよばれるものです。こちらは、脈絡膜(みゃくrYまく)から異常な血管が伸d・きて破れ、漏れた血液が黄班の働きを妨げてしまうことから起こります。

萎縮型に比べると症状は重く、視力が著しく落ちたり歪みや視野欠損が次第に悪化していきます。ある時点でこの出血は収まりますが、その頃には黄班の細胞は死んでしまい残・ス視力の障害は治らキとはありません。

黄班変性は、その進行度や状態に応じた治輸sいます。レーザーによ・ト血管を固める方法や、異常な血管を手術によ・ト除去する方法、ものをは・ォりと見るために最も重要な働きを持つ黄班の中心窩(ちcCしんか)とよばれる部分を移動する方法などがありますが、二次的な障害や合併症(が・リいしょう)を起こす可能性もあ・箔・ネ治輸ナした。

しかし最近、レーザーと哲黷ネ薬剤を併用すmスによ・トこれまでより蠀Sに行えるようになりました。いずれにしても、進行すると重い視力障害が残る恐れのある病気です。異常を感じたも薰゚に専門医を受診すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.