視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

粘液腺(ねんえきせん)

粘液腺とは、体のあちこちにある粘液を分拍揩髑Bのことをいい、目では釘ノ結膜(けつまく)にあります。

この目の粘液腺から出た液は、涙と一緒にな・ト目の表面を覆・トいます。涙の成分は、表面から油分の多い油層、さもzらの漿液性(しょうえきせい)の水層、どろどろとした粘液でできたムチン層の3重構造からできています。

この3層の液体が目を覆うことで乾燥から守・スり表面の汚れや細菌を落とし、角膜に栄養を与えるなどの大切な役目を担・トいます。また、これらの層が角膜の表面を均等に覆うことで、外から入・ス光信号を正確に取り込むことができるのです。

涙の中に含まれているムチン層と呼ばれる粘液は、結膜上皮(けつまくじょうdFjにあるゴブレット細胞とよばれる杯細胞(はいさいぼう)からなる粘液腺かtヤ漠Bれています。

この粘液腺は、まぶたの裏側や一般的には白目といわれis膜(きょうまく)の部分にあります。粘液腺から出るムチン層の働きは、さもzらの涙がすぐに落ちてしまわないようにすらキとです。

つまり、たんぱく質でできたどろどろのムチン層がストッパーの役目をして、表面にある水層や油層が目の表面に留まる時間を長くするよう調節しているのです。cハ粘液腺になんらかの異常があ・ト正常に粘液が分漠Bれずムチン層が形成されなければ、水層がきちんと分漠BれてaEぐに流れ落ちてしま・ト、ドライアイなどを引き起こし目の乾燥に悩まされmスになります。

つまり角膜の粘液腺かtヤ漠Bれる粘液は、目を守るための涙の最も基盤部分になる液であり、涙や目が正常に働くための大切な役割を担・トいるのです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.