視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

硝子体液(しょうしたいえき)

硝子体液とは、眼球を構成する器官の一部である硝子体の内溶液です。

水晶体の後ろにある球体を硝子体といい、その中の空洞を硝子体液が満たしています。硝子体液はムチンというたんぱく質を含んだ透明なゼリー状で、硝子体膜に包まれています。

硝子体液で空洞を埋められた硝子体は、強膜(きょうまく)と同様に眼球の丸い形を維持する働きをしています。さらに、外からかかる衝撃や力をこのゼリー状の硝子体液が拡散して和らげています。

硝子体は、前方にある水晶体の辺りと後方部分の突起部で周辺組織と強くく・ツいています。その内容物である硝子体液は、姥薰ニ共に徐々にゼリー状から液状へと父ヨサしてきます。過去に目に怪我を負・スことのある人や近視の人は、通常より早くこの状態が起こります。

こうして徐々に液状化が進んだ硝子体液は、その丸い弾力のある形が崩れてこれまでぴ・スりと接着していた網膜(もうまく)かゃOがれて隙間を作・トしまいます。これが、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)という病気です。

この病気は50歳以上に多く見られ、中でも女性に多いといわれています。また硝子体液が液状化して網膜かゃOがれる際に引3」られた血管が出血すると、飛蚊症(ひぶんしょう)とい・ト目の前に蚊が飛んでいるような黒い点や糸くずのようなものがいくつも見えらキとがあります。剥離する際にさらに強い力で引3」られると、網膜まで破れてしまうこともあります。

この場合、飛蚊症の症状がも・ニ強く起こります。硝子体液の異常から起こる飛蚊症は、こうい・ス病気の診断の一助となりますので気付いたも薰゚に受診しなければいけません。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.