視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

房水(ぼうすい)

房水とは、眼の中にある水分のことで涙とは性質の異なるものです。

涙が目の外表面にあらキとに対して、房水は角膜と水晶体(すいしょうたい)の間にあります。水晶体のすぐ横にある毛様体(もうようたい)という部分で作られた房水は、そこかも苡サ体と角膜の間を循環してシュレム管と呼ばれる穴から外へ排出されます。

水の主な機能には2つあります。まず、目の圧力を保つことでその形を維持しています。この圧力のことを眼圧といいます。房水によ・ト眼圧が一定に保たれているために、外から入・トくる光信号は歪められらキとなく網膜(もうまく)へ届くことができるのです。

もう1つの働きは、血管のない眼球や周辺組織に栄養や酸素を送らキとです。角膜や水晶体などには血管がないため、房水から栄養をもらうと共に房水に老廃物の排出も行・トいます。

房水が毛様体で作られる量とシュレム管から排出される量が一定ならば、眼圧も一定を保たれて目の健康を維持できます。しかし、何らかの原因でシュレム管やその周囲に異常が起こ・スmnの循環のバランスが崩れると、眼圧が父ヨサして様々な障害が出てきます。

例えば、眼圧が純Iらキとで翼。熄瘁iりwbないしょう)を発症します。翼。熄痰ノなると網膜にある視神経まで破壊されるので、悪化すると失明する恐れがあります。逆に眼圧が低くなると、正常に光信号を網膜に伝えらキとができなくなり、視力に障害が出てしまいます。

このように房水は、目の栄養と機能保持のための大きな役割を持・トいます。ちなみに涙は目の表面を潤したり細菌から予防する働きをしますので、根本的にその役割は異な・トいます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.