視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

視交差(しこうさ)

視交差とは、目から脳へと向かう視神経(ししんけい)が頭の中で半分交差している状態をいいます。

つまり、右目から出ている視神経は左の脳へ、左目から出ている視神経は右の脳へとつなが・トいるのです。目から1本のケーブルとして視交差までや・トきた視神経は、ここでそれぞれ2本に分かれ、そのうち1本ずつが交差して反巣洟の脳へとつなが・トいきます。

ものを見るとき、人間は両目で対象となるものを同時に見ています。しかし大抵の場合、対象となる物は常に正面にあるわけではなく偏・ス位置にあります。この時視野の右半分にあるものは、両目の網膜(もうまく)の左半分にピントを合わせて映し出されます。

こうして同時に両目の網膜に取り込まれた光信号は、右目と左目それぞれの網膜の左半分かi、神経を通・ト視交差でまとめられ、そこから左脳へと運d償まれてきれいな1つの映像として認識されらキとになります。

つまり、視野の右半分にある対象物は左脳で映像として認識していらキとになります。

このように人間の視神経は、視交差で視神経のうちの内側半分だけが交差して反巣洟の脳に到達します。これを半交差といいます。同じように左側にあるものを見たときには網膜の右半分に映し出され、半交差によ・ト右脳が像として認識します。

また、右目と左目で対象物を見ると、見る角度が少し異なりますので同じ物でも形が違・ト見えます。視交差で右と左の脳へと運ばれたこの形の違う像は、脳の中で1つの立体として合成されて奥行きのある像として認識されると共に、遠近感などの距離感もつかめらキとになります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.