視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

棹体細胞(かんたいさいぼう)

棹体細胞とは、網膜(もうまく)の中にある視細胞しさいぼう)の1つです。

同様の視細胞であり明るいところで働く錐体細胞(すいたいさいぼう)と比較して明らかに違うのは、棹体細胞が・「場所で働く細胞であるということです。・「場所で光信号が祉Lなると、棹体細胞の仕事が始まります。

棹体細胞は、高感度フィルムのようにわずかな光も感じらキとができます。そのため、・「ところでもぼんやりと像が見えるのです。ただし、色を識別する力はありませんので、どちらかというとモノクロの世界になります。

・「場所でもやや色のついた像が見えるのは、かろうじて光を感じ取・ス錐体細胞が働いているからなのです。・「場所で活発に働いていた棹体細胞は、突然明るい場所に出ると大急ぎで錐体細胞への引渡し作業を行います。

これがよく言われり㍼㊨栫iめいじゅんのう)です。高感度フィルム销ンの棹体細胞は、急に明るいところへ出てくると感受性が強すぎて網膜を損傷すらキとがありますので気をつけましょう。

棹体細胞は、符Gレだけで1億2000万個あります。網膜の中でも最も視力のいい黄班部(おうはんぶ)にはあまりなくてその周囲を囲むようにたくさん集ま・トいます。またそれ以外にも、棹体細胞は網膜全体に広く分布しています。

棹体細胞にある視物質(しぶ・オつ)はロドプシンといいます。このロドプシンは、ほんのわずかな光によ・トたちまち分解します。・「場所では棹体細胞が少しでも多くの光を集めようとするため、光の入り口である瞳孔(どうこう)が大きく開くのです。こうして棹体細胞は、外の明るさや光の状態によ・ト錐体細胞と臨機応変に交巣Tながら機能しています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.