視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

錐体細胞(すいたいさいぼう)

錐体細胞とは、光受容細胞(ひかりじゅようさいぼう)とa曹墲黷骼牛ラ胞の中の1つです。

網膜(もうまく)の中にある黄班(おうはん)と呼ばれる部分に集中している細胞です。黄班部の中でも釘ノ中心窩(ちcCしんか)には錐体細胞のみが存在し、黄班の周囲を囲むようにしてもう1つの視細胞でありラ体細胞(かんたいさいぼう)が集ま・トいます。

錐体細胞は、符E福セけで600万個あります。角膜や水晶体(すいしょうたい)で屈折されて入・トきた光の信号を、明るいときに認識する働きを持・トいます。錐体細胞は、光を感じるだけではなく色を識別する力cォ・トいます。

ただし明るいところでしか機能しませんので、夜やトンネルの中のように・「場所ではほとんど働くことはありません。網膜の中でも中心部に集中して分布していますが、もちろん網膜全体にもありますのでピントの合・トいない周囲の像でも色を識別すらキとができるのです。

錐体細胞は、さらに光の3原色の赤、青、緑を感知する細胞に分類されます。外から入・ス光の色を3種類の錐体細胞がそれぞれに感知し、総合的な情報にまとめて脳に送ります。こうして、目に入・トきた光信号ははじめて映像として脳に認識され、私たちが普段見ている像となります。

これら3つの錐体細胞は、まとめて錐体視物質(すいたいしぶ・オつ)であるヨードプシンとa曹墲黷ワす。ヨードプシンは、光が少なけれc「ス応しません。逆に明るいときには活発に分解され、様々な色を認識し電気信号として脳へ送り込む働きをします。

光によ・ト分解された視物質の再合成を活発化させ機能を向純Rせるためには、視物質の原料となるビタミンAやブルーベリーに含まれるアントシアニンが大変効果的です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.