視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

視細胞・光受容細胞(しさいぼう・ひかりじゅようさいぼう)

視細胞とは、網膜(もうまく)の中にあ・ト光を感じる細胞のことをいいます。

そして視細胞には桿体細胞(かんたいさいぼう)と錐体細胞(すいたいさいぼう)という2種類の細胞があり、これらのことを光受容細胞とa曹「ます。

網膜に届いた光は、まず外節(がいせつ)という視細胞の前方部分で受け取られます。視細胞のうち桿体細胞は主に夜などの・「ところでものを見るときに活発に働き、錐体細胞は昼間や明るいところで見るときに働きます。また錐体細胞は、桿体細胞と違・ト色を識別すらキとができるのが大きな違いです。

光受容細胞の1つである錐体細胞は、さらに青、赤、緑の3つの種類に分かれます。そして外から入・トきた光は、それぞれの色をそれぞれの錐体細胞によ・ト識別されます。この錐体細胞は、釘ノ網膜の中央にある黄班(おうはん)という部分にたくさん集ま・トいます。

目の中でも一番視力のいい黄班部で錐体細胞が受け取・ス光は、鮮明な像として認識されらキとになります。ただし、色を識別できる分感受性は低いので、どちらかというと感度の低いフィルムのような存在です。

また、黄班の周りにありラ体細胞は、色を感じらキとはできませんがわずかな光でも感知できます。ですから、高感度フィルムとい・トa曹「でしょう。日中見る映像と、薄・「場所で目が慣れてきてぼんやりと見える映像を比較すると、それぞれの細胞の働きの違いがわかります。

目は、これらの視細胞が持つ感度や性質の違いを臨機応変に使い分けmスによ・ト、・「場所や明るい場所でもものを見らキとができるのです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.