視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼窩(がんか)

眼窩とは、眼球とそれに関わる神経や筋肉などを入れりGに開いたくぼみのことです。

顔面かもヘると四角形を槍т・いますが奥に入るに従・ト細くな・トいきます。眼窩の縁の部分はそれぞれ眼窩上縁、眼窩下縁と呼ばれます。眼窩は上、下、内、外の4つの壁が、前頭骨(ぜんとうこつ)、頬骨(きょうこつ)、篩骨(しこつ)、涙骨(るいこつ)、蝶形骨(ちょうけいこつ)、上顎骨(じょうがくこつ)、口蓋骨(こうがいこつ)の7種類の骨でできています。

上側の壁は主に前頭骨と頬骨からできています。下側の壁の大部分は上顎骨からできていますが、その外側の一部が頬骨と口蓋骨で形成されています。

内側の壁はほとんどが篩骨で、一部上顎骨や涙骨、蝶形骨でできています。そして外側の壁は頬骨と蝶形骨からできています。このように1つの眼窩は、多くの骨が複雑に繋がりあ・ト形成されています。

眼窩の中にはいくつかの穴が開いていて、それぞれに神経や血管などの通り道とな・トいます。眼窩の上の壁にある上眼窩裂は、動眼神経や外転神経、上眼神経など目を動かしたり批[の感覚を司るいくつかの神経や、顔を大きく支配している三叉(さんさ)神経の一部が通・トいて頭蓋骨に繋が・トいます。

また、視覚に関わる視神経や涙腺、目とその周りに栄養を運ぶ眼動脈などの血管も通・トいます。その後側には眼窩下溝、眼窩下管という部分に繋がる穴があり、そこから眼窩下縁にある眼科下孔と呼ばれる穴に接続しています。

下の壁にある下眼窩裂という切れ目からは眼窩下神経、頬骨神経、下眼唇ャなどの他、上顎神経という三叉神経の一部が出ています。つまり上眼窩裂から出ている神経は顔の上の部分を、下眼窩裂から出ている神経は主に顔の下の部分を支配しています。

眼窩に入・トいる眼球は、眼窩を形成していりGと筋肉で繋が・トいます。そして眼窩から出ている神経によ・トこれらの筋肉は支配され眼球を動かしています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.