視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

網膜(もうまく)

網膜とは、眼球の内側の一番奥にある厚さ0.1~0.4mmの薄い膜のことです。

瞳孔から入・ス光は、角膜や水晶体によ・ト屈折されピントを合わせてこの網膜に映し出されます。光を受け取・ス網膜は、視神経を使・トその光の持つ様々な情報を信号として脳へ送ります。これによ・ト、脳がようやく像として認識します。

つまり網膜は、カメラで言うとフィルムのような役割を担・トいらキとになります。網膜自体は透明な膜ですが、その下にある血管や色素の色が透けて見えるため、赤みを槍т┸色に見えます。

網膜は、大変薄い膜ですが踀ヘ10層から成り立・トいます。そのうち一番外側にある層を網膜色素上皮細胞、内側にある9つの層を神経網膜といいます。この神経網膜には、錐体と桿体という2種類の視覚細胞があります。錐体はとても視力のよい細胞で光の色や明るさを感じらキとができますが、桿体は祉A光を感じる程度です。

急にトンネルに入・ス時にはじめあまりよく見えませんが徐々に見えるようになる反応を・㊨栫Aその逆で急にトンネルから出た時に眩しくてあまりよく見えませんがだんだん目が慣れて見えるようになる反応を明順応といい、・㊨桙ノは桿体が、明順応には錐体が活発に働いていらキとが知られています。

網膜の一番真ん中には錐体が集ま・ス黄班という部分があり、網膜の中で最も視力のよい場所です。通常視力検査では、この部分の視力を測定します。

網膜は、一度傷つくと再生すらキとができません。角膜移植のように移植によ・ト新たな網膜を取り替えらキとはできませんので、修復は不可能です。また、何らかの原因で網膜はく離といわれる網膜が剥がれた状態にな・トしまうと、放置すれば失明する恐れがあります。この場合は、手術による治輸ェ必要となります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.