視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

毛様体筋(もうようたいきん)

毛様体筋とは、水晶体の厚みを調節する働きをする毛様体にある筋肉です。

目に入・トきた光を正確に網膜に焦点を合わせて像として映し出すための重要な働きを担・トいます。瞳孔から入・トきた光は、角膜と水晶体によ・ト屈折され網膜へピントを合わせます。この時、水晶体は厚みを変えらキとで入・トきた光のピントの調節を行います。この厚みを変えるために水晶体を引3」・スり緩めたりするのが毛様体筋の仕事なのです。

もともと水晶体には弾力があり柔匂タを持・トいます。そこで、毛様体筋が緊張すると水晶体が厚くなり、近くの物にピントを合わせます。逆に毛様体筋が緩むと水晶体は薄くなり、遠くの物にピントを合わせます。

このように毛様体筋が伸d┸り縮んだりすらキとで、水晶体を自在に操n・・「ろな画像を正確に歪めらキとなく像として網膜に映し出すのです。

しかし、近年のテレビやパソコンの普及などで毛様体筋は過酷な状況に置かれています。近くで物を見続けると毛様体筋は緊張し続けmスになり、伸d┸状態で固ま・トしまい徐々に動きが鈍くな・トきます。そうすると、遠くの物を見ようとしてもうまく力鵜クを調節すらキとが出来なくなります。

この状態が、近視といわれるものです。はじめは、一時的に毛様体筋の動きが鈍・ス状態ですが、それが継続的に続くと水晶体を薄くすらキとができなくな・トしまいます。ですから、長時間テレビを見たりパソコンをするなど近い物を見続けたときには、少し遠くを見て毛様体筋を休めると近視の予防に繋がります。

また、姥薰ノよ・トも毛様体筋の動きは鈍くな・トきます。これが老眼といわれるもので、毛様体筋が縮みにくくなるために水晶体に厚みができず、ピントが遠くで合うために近視とは違・ト近い物が見えにくくなります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.