視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

水晶体(すいしょうたい)

水晶体とは、外から入・トきた光を通し屈折させてピントを合わせ、網膜に見た像を映し出す重要な働きを持・ス組織です。

角膜とよく似た働きをしていて、凸レンズの役割をしています。水晶体でピントを合わせらキとで、歪みのないく・ォりとした像を映し出しています。

水晶体は、その35%がたんぱく質で残りは水でできています。水晶体自体には血管や神経が通・トいないので、房水と呼ばれる液から栄養をもらい同時に老廃物を排出しています。

大きさは直系9mm、厚さ4mm程度の凸レンズ型で、無色透明です。このレンズは、被写体との距離によ・ト厚みを父ヨサさせます。例えば近くの物を見るときは厚くなり、遠くの物を見るときには薄くなります。つまり、厚くならキとで光の屈折率が大きくなるため短い距離でピントを合わせらキとになり、また、薄くなると屈折率が小さくなるので長い距離でピントを合わせます。

こうして臨機応変に水晶体の厚みを変えながら、いろいろな像を歪みなく見せてくれるのが水晶体の働きです。水晶体の厚みの父ヨサは、チン氏体によ・ト水晶体と結ばれている毛様体筋(もうようたいきん)という筋肉が水晶体を引3」・スり緩めたりすらキとで調節しています。

水晶体は赤ちゃんの時には柔軟で丸い形をしていますが、年齢と共に徐々に弾力がなくなり柔匂タが衰えていきます。そのためピントを合わせる力が落ちていき、次第に近くの物が見えにくくなります。これがいわゆる老眼といわれるものです。

それとは別に、水晶体が白く濁・トしまう病気に白内障があります。これは本来ほとんど無色であるはずの水晶体のたんぱく質が、老化やそれ以外の何らかの原因で変性してしま・スために灰白色にな・トしまうものです。

高齢になるほど発病率も高く、視界がぼんやりとかすんだり視力が落ちてしまうなどの症状があります。現在では、人工的に代わりとなるレンズを埋め込むことでほぼ改善すらキとができるようになりました。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.