視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

虹彩・黒目(こうさい・くろめ)

虹彩とは、角膜と水晶体の間にあるドーナツ状の薄い膜のことをいいます。

真ん中に瞳孔(どうこう)といわれる穴が開いています。この穴の大きさを変えらキとで、ひとみに入る光の量を調節する働きがあります。通常は、光が多いときには瞳孔の穴を小さくして、光が少ない時には瞳孔を大きく開きます。

虹彩の中には、こうい・ス瞳孔の穴の大きさを変えるための瞳孔括約筋と瞳孔散大筋があり、これらが働く事によ・ト光の量を調節します。

瞳孔の黒い部分を含む虹彩を、一般的には黒目とよんでいます。ちなみに、白目と黒目がこのように大きくは・ォりと区別されている霊長類はヒト以外にはほとんどいません。動物の多くは黒目が大部分を占めています。

虹彩には、様々な色合いがあります。目の色が違うといわれるのは、虹彩にあh閭宴jン色素の量の違いによるものです。よく知られている色には、茶褐色、青、グレー、グリーン、明るい茶などがあります。

メラニン色素には、紫外線から守る働きがあるため、太陽の光の強い地域では、濃い色になります。反対に太陽の光の祉A地域では、青やグレーのような薄い色になります。日本人をはじめとするアジア系やアフリカ系の人に多く見られるのは濃い茶褐色で、黒と言われる場合もあります。

元々ヒトは大昔は濃い色でしたが、6000年から1万年ほど前に青い虹彩を持つヒトが誕生したことが、研究によ・トわか・トいます。また、稀にバイオレットの虹彩やアルビノや色素異常などによる虹彩異色症も見られます。

虹彩の模様は、人によ・ト様々なパターンがあり個人展Lのものとな・トいます。そのため、最近では指紋と同様に個人を認識するための生体認証にも使われています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.