視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜(かくまく)

角膜とは目の一番外側にある膜で、一般的には黒目にあたる部分にある膜です。

白目であis膜と繋が・トいて、光を通さない強膜と違い光を通す窓のような働きをしています。角膜は、横11mm、縦10mm,厚さ0.7mmの無色透明な膜です。角膜には血管が通・トいません。角膜に酸素や栄養を送り込んでいるのは涙と房水という透明な液体で、同時に老廃物も排出してます。

角膜には、まず強膜と同じように目を保護しその形を維持する働きがあります。次に、外から入・トくる光を屈折させる働きがあります。平凸レンズのように符A、が平らで反巣洟は膨らんだ形をしていて、この形によ・ト光を屈折させて瞳の中に送り込んでいます。

角膜で屈折して送り込んだ光を水晶体が微調整して、踀
ロに私たちが見ている画像が脳に送られ認識します。近視は、近くで物を見続けらキとによ・トこの凸レンズの厚みが父ヨサして屈折率が変わ・トしまうことが原因です。

角膜は、構造上5つの層から成り立・トいます。外側から角膜上皮層、ボーマン膜、角膜踀ソ層、デメス膜、角膜内皮層といい、中でも角膜踀ソ層が最も厚い膜とな・トいます。

角膜上皮層は何層もの薄い層の重なりでできていて、外からの刺激から瞳を守る働きを持・トいます。中間にある角膜踀ソ層は角膜の9割を占める層で、角膜上皮層で守りきれなか・ス傷がこの部分に達すると場合によ・トは角膜移植などが必要になります。ボーマン膜が、角膜上皮層と角膜踀ソ層を接着する役割をしています。

角膜内皮層は、角膜内皮細胞が一列に销セ薄い膜で、目の内側にある房水から栄養を取り込んだり老廃物を排出したりする働きを持・トいます。いわゆるポンプの役割をしていて、角膜の中にある水分を一定に保つ役割をしています。角膜踀ソ層と角膜内皮層を接着するのがデメス層になります。

角膜内皮細胞は、涙の中にある酸素不足などで一度死んでしまうと二度と再生できません。そうすると、目の水分が一定に保てなくなり角膜が濁・トしまいため、視力などに障害が出てしまいます。その場合、角膜移植をする以外に改善の方法はありません。コンタクトレンズなどは目にと・ト外的な異物になるため、その使用の際には角膜を傷つけないよう配慮する必要があります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.