視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

強膜・白目(きょうまく・しろめ))

強膜とは一般的に白目といわれ、眼球の外側の部分のことをいいます。

強膜の厚さは最も厚いところで1.0から1.5mmくらい、薄いところで0.25mm程度で、角膜と繋が・トいます。その名の通り目の中で最も強くて丈夫な膜で乳白色をしています。

強膜の下には脈絡膜、網膜などがあり、目を構成する何層もの膜の一番外側にあ・トとても強靭に出来ていますので、目を外からの刺激などから保護し、その形を維持する役割をしています。

また強膜はいわゆる腱のような構造にな・トいて、血管がとても少ないのも迭・です。そのため光をほとんど通さない性質があり、瞳孔からのみ光を入るようにして不要な光から目を保護する働きcハています。

強膜は白目と呼ばれるように白・ロい色をしていますが、年齢によ・ト少しずつ色味が異なります。小さい子供の場合、膜が薄いために内側の膜が透けて見えるのでやや青みがか・ス色をしています。年齢と共に徐々に繊維組織が硬くな・ト脂肪がついてくるため、黄色・ロい色になります。

強膜は、目の中でも比較的病気になりにくい組織です。しかし、強い衝撃などで強膜が破れると、保護されていた目の内容物が出てきてしまい視力などに重大な障害が起こる場合もあります。

また、強膜に起こる病気には上強膜炎と強膜炎があります。上強膜炎は比較的炎症の軽いもので点眼などの治輸ナ改善すらキとが多いです。しかし、強膜炎は強い痛みを伴う炎症でその原因は不明なことも多いようです。炎症が非常に強く、投薬による全身的な治輸フ他、悪化すると場合によ・トは眼球の摘出などが必要にならキともあります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.