視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

つく・ュ縁のある30分という時間

手術が終わ・ス僕は手術室から出て、淡い暖色の光に包まれた部屋に連れて行かれた。大きなソファがぐるりと置いてあ・ス。男性と女性の患者が一人ずつソファに贀Bトいた。そして、看護婦さんが僕に数種類の目薬をさした。「30分は目を開けないでください」と言・ト、部屋から出て行・ス。部屋にはクラシック音楽が流れていた。

しかし、手術は終わ・スというのに、この時間が一番辛か・ス。心臓がバクバクい・トいらク、頭は混乱しているのに、目を開けらキとが出来ないのだ。僕はもともと目を閉じているのが苦手だ。それなのに30分間。しかし、ここさえ乗り切・トしまえばいいのだ、とひたすら我慢した。クラシック音楽なんてまるで耳に入らなか・ス。

踀ヘギュッと目を閉じていたのだが、疲れて少しだけまぶたが開いたときがあ・ス。すぐに閉じたが、ボンヤリだがメガネをかけていないのに前より視界が良好だ・ス。大丈夫だ、僕はそう考えてひたすら我慢した。

30分が過ぎ、服を着替え待合室に戻・ス。いささかボンヤリとはしていnラ、メガネをかけなくても大丈夫だ・ス。僕は給水機で水を飲み、長椅子に贀Bス。すぐに受付で僕の名前が呼ばれた。受付で、3種類の目薬を渡され、さす間隔など、詳しく説明していただいた。

僕はとりあえず、3種類全てさした。時計を見て今の時間を確かめた。寝るまで30分おき、という目薬もあ・スからだ。つく・ュ今日は30分に縁がある、そう思・ス。

それからプラスチック製のアイマスクのようなものと批[用粘着テープ、水泳のゴーグルのようなサングラスも貰・ス。激Hらわか・スのだが、花粉防止用のサングラスだ・ス。そして目に強い刺激を与えないように注意された。アイマスクは寝る時用、サングラスは寝る時以外だ。僕は早速サングラスをかけた。

そしてクリニックを出た。メガネはもう必要なか・ス。サングラスごしに周りを見渡した。まだ少しボンヤリしている。だが、とにかく、僕は猛烈に疲れていた。目薬のことを気にしながら帰りの電車に乗・ス。電車の中でも、時々サングラスを外して目薬を差した。ホテルを取・ス方がtY・スのかcハれない。それとa}んな時は自宅でゆ・ュりした方がいいのか、今でもわからない。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.