視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼球への圧迫感と、100%・・・

看護婦さんに連れられて今まで知らなか・ス通路を通ると、手術室というプレートが貼・トあるドアがあ・ス。そこで僕は看護婦さんに促されるままにブルーの浴衣のような服を着て、スリッパに履き替えた。そして僕はドアの向こうに入・ス。細長い通路の両脇に幾つかの部屋があるようだ・ス。手前に長椅子があり、数人の方が贀Bトいた。

そこで待・トいると一人ずつ患者が部屋に出たり入・スりしていた。そしてついに僕の名前が呼ばれた。僕は六畳ほどの部屋に入・ス。中には美容室に置いてある、頭に乗せる機械のようなアームのついた、大きくて平べ・スくて白い機械があ・ス。その下にはベッド。僕はベッドに横にな・ス。看護婦さんが目薬をさした。それから僕の目に金属製のわ・ゥのようなものをはめられた。ま・スくまばたきが出来ない。それだけで少し怖くな・ス。

しばrYすると医師が入・トきて、「すぐ終わりますからね。動かないでくださいね」と言・ト、アームを動かした。「ちょ・Aちょ・ニ待・トください」と言う間もなく、でかい機械が僕の目に接合された。今まで経験したことのない眼球の感触だ・ス。固くて透明なガラス板に押しつぶされているのだ。それはウイーンといながゃDき始めた。まるで痛くはなか・スが、眼球の感触が嫌で早く終わ・ト欲しか・ス。

や・ニ終わると、次はもう一つの目だ・ス。しかし、今度はそれほど怖くはなか・ス。何が起こるかわか・トいれば人間、ある程度耐えられる。

手術が終わると金属製のわ・ゥは取り外された。多分、フラップを作・スのだと思う。

そのままベッドに横にな・トいると、「別の部屋に行きますよ」と言・ト、メガネがないので周vbよく見えない僕の手を取・ト、廊下に出て、また同じくらいの広さの部屋に入・ス。今度はベッドの上に白くて大きな筒状のものがあ・ス。僕はベッドに横にな・ス。医師がピンセットのようなもので僕の目を触・ス。フラップを開けたのだろう。

そして、「この緑の光を見ていてください」というので、僕はその方向を見た。その時に気付いたのだが、パンフレットにあ・ス院長雀盾セ・ス。おお、と少し思・ス。そして僕はなるべくリラックスするようにした。こんな時に眼球が震えては困る。

機械がかなり大きな音を純O始めた。僕は必死で緑の光を見続けた。看護婦さんが「10パーセント。40パーセント」とロケットの打ち純Oかロボットアニメのような報告を行・トいた。その間も開き・マなしの目にひ・ォりなしに目薬がさされた。「100パーセント」の声とともに機械はうなりを止めた。そして、もう一つの目でも同じことが始ま・ス。こちらは少し時間がかか・ス。そして「100パーセント」。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.