視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

最後の決め手は料金と施術方法

レーシックに惹かれた僕が最初に調べたのが、各病院・クリニックのパンフレットにある「料金」だ・ス。前にも書いたとおり、レーシックとい・トも、病院・クリニックによ・ト料金はかなり違・トいた。

それから、レーシックの手術の仕方も病院・クリニックによ・ト、微妙に異な・トいた。イントラレーシック・エピレーシック・PRKなどである。

普通のレーシックの場合、角膜の表皮をカンナのような手作業でフラップと呼ばれる蓋を作るのだが、イントラレーシックの場合、レーザーを使い機械によ・ト自動的にフラップを作る。エピレーシックの場合、エピケラトームという機械を使い、他の方法より薄いフラップを作る。手術的には比較的楽なようだ・スが、術激I少し大変なようだ・ス。

フラップという薄い角膜の蓋を作るために目に強い力が働くと、術激TばrY経・トも、はがれる危険性があるらしか・ス。つまり、殴り合いは避けた方がいいらしい。もちろん、好き好んで喧嘩をする人は少数だろうが。

病院・クリニックによ・トは数年間アフターケアがあり、手術が失敗した場合、再手術も可能なところもあ・ス。

また、完全に蠀Sではないが、最初の被験者の目がもう数十年問題ない、ということで、僕の年齢ならば数十年先は野となれ山となれ、と思・トいた。

完全に信頼は出来ないのだが、パンフレットなどに載・トいる満足度、も十分に目を通した。なにより背中を押したのはかなりの数の有名人がこの手術を受けている、ということだ・ス。有名人の手術が失敗したら大騒ぎになるだろう。トップスポーツ選手なら訴訟騒ぎになるかcハれない。

色々検討した結果、僕は品川近視クリニックに決めた。イントラレーシックをや・トいるクリニックである。決め手は料蟻低いこと、そして、メスではなく、レーザーでフラップを作るということだ・ス。それから、症例数世界一、最新の機器使用、というのも惹かれた原因だ・ス。品川近視クリニックは一年間アフターケアがあ・ス。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.