視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

鴻純Rんのエッセイで知・スレーシック

僕がレーシックを知・スき・ゥけは多分、テレビ番組だ・スと思う。かなり昔だ・スとように記憶している。そのテレビ番組では近視を手術する新しい方法として紹解黷トいた。レーシックという言葉が使われていたかどうかは覚えていない。その当時僕が思・ス印象は「とにかく怖い」というものだ・ス。テレビ画面には目にメスを入れられ、レーザーを当てられる患者が映・トいた。目にメスを入れる、そんな映沿ォあ・スような気がする。今でa竄フ映画の場面を思い出すとなんとも言えない恐怖を感じて足がすくむ。

そのテレビ番組はすぐに忘れていた。思い出したのは「第三舞台」、テレビやラジオ出演、数多くの出版物を出し、僕が好きな「鴻上尚史」さんのエッセイを読んだのがき・ゥけだ。そのエッセイには、もう老眼が始ま・トいる鴻純Rんがわざわざレーシックという手術を受けたことが書いてあ・ス。鴻純Rんも周りの誰かが近視手術をしたので興味を持ち、手術を受けたらしい。隠ヲて「簡単に終わらク、コンタクトレンズを使わないのはとても便利だ」というようなことを書いてあ・スと思う。

2005年の前半だ・スと思う。それがき・ゥけで僕はネットで「レーシック」を興味本位で検索エンジンにかけてみた。そこには無数のサイトがあ・ス。しかし、その時は僕自身がレーシックの手術を受けるとはま・スく思・トいなか・ス。

なにしろ手術料が高く、それも病院やクリニックによ・トばらつきがかなりあ・ス。相場としては両目で20万から60万とい・スところだ・ス。そして僕の頭の中には、目にメスを入れる、という恐怖感がまだ残・トいた。だが興味本位で資料請求が出来る病院やクリニックに資料請求してみた。

しばrYして分厚い封筒が幾つか届いた。しばrYそのままにしていて埃をかぶ・トいたのだが、ある日資料を見てみると「体験者の声」のようなコーナーで「え?この人も?」という有名人が数多く手術を受けられていた。

興味本位が興味但Xに変わ・トきた。僕は資料を丁寧に読み、ネットで更に情報を集め始めた。それが2005年の中ほどだ・スと思う。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.