視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

医師の励ましと、まな板の上の私

これまで、あれwIれよという間に検査、診察、会計を済ませてきたのですが、手術までの待ち時間がやけに長く感じられました。患者の数が多いからかcハれませんが、ザワザワとした喧騒の中で妙にそわそわしていたのを覚えています。手術室には私を含め6人で一緒に向かいました。

看護士さんに誘導された先は、検査フロアと違いとても植ゥでクラシック音楽が流れている気持ちのいい空間でした。靴を脱いで、ロッカーに荷物を預け、入り口付近の小さな待合室でシャワーキャップをかぶり、髪の埋・すべて入れて待ちます。看護士さんが、水と錠剤を一人一人に手渡してくれました。炎症やアレルギー抑える薬、胃薬、坦ノ剤の3種類を飲まなければなりません。メガネはも・ト入れないのでそれからは私は何DBぼやけて見えなか・スのですが、看護士さんが手をと・トくださるので不便はありませんでした

次に、リラックスルームに案錀3れ、JALのファーストクラスのようなゴージャスなソファに腰掛け、麻酔薬の点眼を受けました。私たちは点眼の後、目を閉じてただ名前を呼ばれるのを待つだけです。カーテンで個別に仕切られているので、隣をきにする必要もなく、ただ何も考えずにいました。

ここからは個別行動です。10分後、よい気持ちにな・ス時に私の名前が呼ばれました。手術着姿の看護士さんが手をと・ト誘導してくれました。

いよいよ手術室に入りました。言われたとおり、機械に横たわると、ドクターが、「今からフラップを作ります。時間は片眼で40秒ずつです。圧迫感がありますが大丈夫です」と優しい口調で説明してくださいました。手術室の看護士さんは皆キビキビしており、緊張感漂いました。目を大きく開けて眼球を固定され、もうここからはまな板の鯉状態です。「10秒経過、20秒経過・・・・40秒経過」とモニタ付近かも驍ェすると、ドクターも「目が見えなくなりますが心配ありませんよ」と機械音が鳴りひd┓中、ず・ニ声かけをしてくださいました。目はだんだん見えなくな・ト、目が落ち込んだ感覚で、パニックになりそうでしたが、雀盾Mじてじ・ニしていました。

両眼終わると、視界が真5窒ナほとんど見えなか・スのですが、看護士さんに手をとられ、エキシマレーザー照射室入りました。ほとんどなにもみえず、ここでも言われたとおり、機械の前で横になりました。またも眼球を固定され、ドクターが、「今からフラップめく・トレーザーを当てます」「絶対に目をつぶもy、見えてくる点を紀汲オてくださいね」とお・オゃ・ト、レーザーを当て始めました。始めは点がわからなか・スのですが、だんだん紀汲オているうちにしかりと光を捉えらキとができるようになりました。ドクターがず・ニ「そうです、完璧です!大丈夫です!そのまま見続けてくださいね、決して絶巣、レをつぶもy見てくださいね」とし・ゥりと大きな声で励まして下さ・ト、私も頑張・ト集中して見続けました。この間20秒ほどです。もう片眼も同じようにドクターの一生懸命な励ましとともに、一点を集中して見続けました。

「視力がよくな・トいますように!」ず・ニ祈・トいました。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.