視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

怒濤の勢いで過ぎ去・ス手術直前

いよいよ、手術当日になりました。昨日カウンセラーより、必ずノーメイクで来るように指示があ・スので、化粧水も乳液舀1ず素顔にメガネでクリニックに向かいました。私の指定された時間は朝10時です。昨日と同じくクリニックには100人以上の患者さんが検査や手術待ち、術後検査でご・ス返していました。相変わもyこのクリニックは繁盛しているみたいです。

受付で、診察券とレーシックの手術承諾書を渡すと、コートや手荷物、ネックレスや貴金属類はすべてはずしてロッカーに入れました。

次に手術前の最終検査です。昨日受けた検査とまた同じ検査を繰り返します。「え?また?」と思・スのですが、念には念を入れて、というクリニックの基本姿勢を感じました。手術を100%成功させたいし、それは、施術するほうも、患者側も同じ思いです。これは面倒くさいとおもわず、誘導されるとおり、次から次ヘと目の検査を受けていきました。昨日と同じ検査なので、釘ノ戸惑うこともなくすんなりと済みました。

そして、手術前のドクターとの最終診察です。昨日の適応検査のときにもドクターの診察を受けましたが、手術直前の目の状態を最終的にドクターがチェックします。診察ドクターと手術担当ドクターは違うので、患者にはあらかじめ「本日の手術担当ドクター」と書かれたA4の紙を渡されます。これには、手術前検査のドクター、手術担当ドクター、手術後診察ドクターが顔写真付で掲載されており、さらに、術式についてもわかりやすく記述されていました。私は手術の待ち時間に眺めていました。

その後、看護士(?)さんに呼ばれ、別室で手術後の注意事項と手術前に飲む薬、手術後付ける目薬の説明があり、保護用メガネや寝る時に装着する眼槍・テープをもらいました。沢山もらうものもありますし、注意しておかなければならないこともあるので、し・ゥょPいておかなければなりません。人数も多いので、説明も3人一組でした。ここまでを怒涛のごとく過ぎていきました。時計を見るともう11時を過ぎていました。

手術室は別フロアになり術後はこのフロアに戻らキとはないので、事前に会計を済ませ荷物をロッカーから取り出し、トイレに行・スり、もら・ス書類を読んだりして、名前が呼ばれるのをドキドキしながら気持ちを落ち着けながら待ちました。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.