視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

人の多さとスピードにdВュりした検査当日

インターネットから予約した次の日に、早速クリニックから電話連絡がありました。さあ、日時が決ま・スかと思うと、予約人数が多くて第三希望の日時よりも少し遅s_てほしいということでした。このクリニックは人気があるということは分か・トいましたが、正直「そんなに多いの?」と毅「てしまいました。

また、カウンセリングと検査、医師との診察の中で納得がいけc洶手術をしてもらいたい旨を説明すると、検査と同じ日に手術は不可能という返事がきました。しかし翌日の手術は可能で、また手術の翌日には必ず術後検査を受診せねばならないので、結局3日連続で通えるスケジュールを組むためには当初予定していた日程より3週間先にな・トしまいました。

いよいkイ査日当日になりました。予約した午前10時に品川眼科クリニックに到着するとまず毅「たのが患者の多さでした。検査室前の待合ですでに50~60人近くの人が椅子に贀Bトおり、椅子が足りずに立・トいる人も見られました。私の診察番号は250番でした。いかにレーシック手術を切望している人が多いのか目の当たりにしたのでした。

検査の前に、荷物を受け付け横の無料ロッカーに入れました。そして簡単な視力に関する問診表を書き込み、待合室で名前が呼ばれるまで待ちます。沢山患者がいたので長い待ち時間を覚訣ツていたのですが5分で呼ばれました。視能訓練士といわれる検査技師さんが数え切れないくらい大勢いたのでとてもスピーディに流れていたのです

いよいkイ査!です。角膜形状、眼圧などの検査機械が4台、少し離れたところにコンピューターで測定する視力測定器のようなものが4台销ラてありました。一つの検査が終わると隣の機械の前に腰掛け測定する、という工程を繰り返します。

次に、場所を移してランドル環を使・ス視力検査をします。これは、どこにでもある視力検査です。一番上の大きい標示さえもぼやけて見えないので、手製の轍蛯bの文字を技師さんが私の50センチほど前で見せてくれました。条ネいのですがこれがや・ニ裸眼で見えたという感じです。

次に・コに案錀3れました。とても広いフロアで、沢山のコンピューターの赤や緑の光が見えていりtは、検査で何にも見えませんでした。角膜の形状をスキャンしたり、角膜の厚さや角膜の奥の様子を写真に取・スり、初めて見る機械と検査にただ指示されたとおゆッ々こなしていきました。

・コから出たら、次は瞳孔を広げる目薬を差します。目薬をさして時間をおいての検査なので、待ち時間を利用してカウンセリングを受けます。ここでは、カウンセラーによ・ト、レーシック手術のメリットやデメリットと、簡単な手術技法の説明と手術後の注意事項を聞きました。これも私が事前に調べたことを確認する程度に質問するだけで済みました。

その後、眼球に棒で刺すという、不思議な検査を受けました。事前に目薬をさしており、無痛なのですが、こればかりは緊張しました。

これで、検査は終了です。ここまでで1時間以純Hかりました。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.