視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

自分なりの調査で得た知識と蠀S感

早速情報収集です。レーシック手術は本当に蠀Sなのか、私のようなド近眼人間が受けても効果があるのか調べなければなりません。とりあえず、身近で簡単に情報収集できるツールとしてインターネットを使・ト「レーシック」を検索してみました。

レーシックとは、LASIK: Laser-Assisted In Situ Keratomileusisの略で、医浴~pレーザーの一つであるエキシマレーザーというものを使用した視力矯正手術のことです。その、エキシマレーザーで、目の角膜を削り、歪みを矯正し、視力を回復させるというものです。手術時間は20分程度、日帰りで治輸ェでき、痛みのない手術だそうです。

レーシック手術は欧米を中心に世界各国で普及している手術なので、その人口も半端なものではなく、米国では年間200万人以上、日本でも2万人以純I手術を受けているようでした。そのため、ここ最近の需要増に合わせて手術費用が両眼で20万円を切る病院も出てきたということです。ここまで調べて、あの雑誌の通り、かなり蠀ュ手術ができるものだと思いました。

そして、レーシック施術クリニックのホームページでメリットとデメリットを徹底的に調べました。

効果については、ほぼ100%の割合で視力が回復できるということは、どのクリニックも同じうたい文句でした。私のように、かなり視力の悪い人でも最低で裸眼0.1から1.0~2.0に回復できるというデータが載せられているものがほとんどでした。また、白内障の手術はレーシックをしたとしても可能で、心配する必要はないようです。cハものときのアフターケアも気になりました。どのクリニックでも希望の視力にならなか・ス場合、大体3年から5年間は無償で再手術をしてくれるようです。そのほかのレーシックの術式、検査項目についてはどこc・たりよ・スりでした。

気になるデメリットについては、一番の問題点となる失明の危険についてはどのクリニックのホームページにも言及はされていませんでした。ただ、これまで失明した、失敗した、など大きな事故に至・スという報告はないということはどこでも書いてありました。

「多少のリスク」として、ドライアイや充血、目の異物感を感じる、なみだ目になる、という一時的な合併症と1.0以上に回復しないかcハれないという低矯正、角膜の感染症など、医師の処置が必要なものもあるということが分かりました。また、・「所や夜間の見え方は昼間の屋外に比べると劣らキとがある、それも程度には個人差があnラ、短期間でその症状は減少するということ。また、視力が1.0以上にな・ス場合、40台半ばくらいから老眼を自覚し、正規の人と同じように老眼鏡は必ず必要とならキとなどは分かりました。

ここまで調べてレーシックについて知りたい内容が次々分かり、後は踀
ロに気に入・スクリニックを選ぶ段階にまで進んだのでした。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.