視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

「案ずるより産むが易し」だけど不蠀焉E・・

とはいえ、ほぼ100%の人が蠀Sに視力を回復できたと言うことは完全に100%ではないと言うことa曹ヲます。すべての人が視力回復できたわけではないと言うことはどういうことなのか、これは不蠀_でもありました。

私の性格は、思い立・スら即踀
sの性格で、考えるよりもまず踀
sに移すのがモットーです。
もともとこの雑誌を読んだ産婦人科に来たのは、第一子を産んだ後、なかなか二人目ができず9年が経ち主治・Hらは、不妊の原因は子宮器官に問走bあるのだろうと言われていました。毎月の生理痛もひどくて、絶対にどこか体が悪いのだろうと思・トいました。しかし、毎回の不妊検査では異常なし、という結果しか出てきません。

今の技術では、その原因を見つけるには、腹腔境検査によ・トのみ発見できるとのことで、しかし、その手術も100パーセント蠀Sとはいえない、というのが定説でした。手術例の多い大病院でないと子宮にメスを入れるのは薦められない、とアドバイスを受けました。しかし、自分としては、長年の不妊期間で、その原因すtヤからないまま、無駄に過ごしてきたのならば、最後に自分の体にメスを入れてでも原因を突き止めてみたい、いや、自分の目で子宮内を目視してみたいと思・スのです。

高度な技術を持・ス病院でも一週間ほどの入院期間が必要な中、その産婦人科は一泊二日で退院できるという大変技術レベルの高い病院だということを、インターネットのクチコミサイトで見ておりましたので、話だけでも聞きに行こうとこの病院に来たのでした。腹腔境手術は、小さな穴をお腹に3箇所あけ、内視鏡を入れて、自由自在にスコープを扱い、病巣があればその場で取mリくという難しい手術です。

ためらう人も多く、絶対蠀Sという保障がないため、断念する人が多い中私はや・トみたいと思・スのです。なぜならこの病院では、腹腔境手術に関してミスもなくクレームもないというのを事前に情報収集しておりましたし、執刀医であるドクターと、一対一で納得のいくまで詳しく術式やメリットデメリットを長い時間かけてお話できたからです。ネットの情報とドクターと面と向か・ト話す内容を照らし合わせて、自分なりに納得できたのでその日の診察で即手術の日程を組み、事前検査も一通り終わs_ました。

結果は、やはり、子宮内膜症と小さい子宮筋腫、子宮ポリープが見つかり、病巣をすべて取mリいてくださ・スようで、手術は成功ということになります。その後の生活というと、長年悩んでいた生理痛もなくな・スし、このために引き起こされていたニキビなどの吹き出物も出なくなり、肌ツヤもよくなりました。不要なものを取mリいたという精神的ストレスからも解州ウれ、生活はとても快適になりました。どうしてこういう手術を今までしなか・スのだろうと、後悔したくらいでした。そして、この後に念願の第二子を妊娠すらキとができたのです。

そんな「案ずるより産むが易し」の私ですから、レーシックの手術aEぐにでも受けようかと思うのが当然の流れだ・スのですが、なぜかなかなか腰が動きませんでした。やはり、レーシックを受けたことによ・ト本当に失明しないのだろうか、後遺症はないのだろうか、心配でたまりませんでした。

この雑誌はダイジェストなので、プロセスは書いてあ・トも、失明、後遺症等のデメリットの部分はほとんど触れてなか・ス点が気にな・スのです。雑誌の紙面の関係もあ・スのでしょうが、私にと・ト今、視力矯正手術をしようと思う気持ちに一気に傾くのは情報量が圧倒的に少なすぎたのだと思います過去に視力回復トレーニングに何十万Dけたものの撃沈に終わ・ス苦い思い出もあり、簡単に視力が回復するはずがないと思い込んでおりましたので、余計に及d序にな・スのかcハれません。

でも、ほぼ100%の人が視力回復しているという希望の言葉も頭の隅に残・トおりました。となると、レーシックに関する情報をも・ニ集めてから手術の決断を下しても全然遅くないという気持ちにはな・スのでした。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.