視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

病院の待合室のマンガで知・スレーシック

昨年(2007年)6月頃、産婦人科病院での待合室でのことです。

その病院は、都内でも人気の病院で、待ち時間がとても長く、平均1時間くらい待つという有名病院で、私は持病の婦人病を治すべく通・トいました。待ち時間がとても長いので病院側もたくさんの女性誌を常備しており、その中でOLに人気のあるOGGIという雑誌を選んでペラペラめく・トみると、視力矯正の体験談が踀 オ中継風にマンガで詳しく載・トいました。その時に初めてレーシックという言葉を見たのです

私は、中学生の頃かi、力が悪く、裸眼視力が両眼0.01から0.03と、常時メガネやコンタクトレンズがないとほとんど見えない状況でした。朝起きた時、周vbかすんで見えるので、目覚まし時計がどこにあるかも分からない、だから枕元には手の届くところに必ずメガネをおいて寝ていました。また、30センチの距離かj゚分の顔を鏡で見ても顔のパーツはは・ォu唐ゥもy、鏡ぎゅ墲閧ワで顔を近・ッないと見えないので、メイクは必ずコンタクトレンズをしてからでないとできませんでした。目が痛くてコンタクトが入らないときは、裸眼のまま外に出ても、すれ違う人の顔が全く認識できないので、そのために知り合いを無視してしま・トいたという失態dD々ありました

視力が悪いということにものすごくコンプレックスがあ・スし、目が悪いことで不便な生活を送・トいました。さらに、コンタクトレンズやメガネも手入れやメンテナンスなどで煩わしく思えるときがしばしばあ・スので、そのページで思わず事b止まりました。

そのマンガによると、レーシックとは、なにやら目にレーザーを当てて裸眼視力を回復させるというものでした。体験者は私と同じ、かなりの近眼者で、長年視力が悪いことに悩んでいたらしく思いき・トレーシックの施術をしたというものです。

私が学生の頃の90年代、ワイドショーで目に放射状にメスを入れるというものを見たことがありました。視力の目の悪か・ス私にはこういう情報は結構敏感に反応していたのです。だから結構し・ゥりと覚えていました。その手術は旧ソ連の医師が開発してもので、人間の手によ・ト切開するというものです。精度も医師によ・トマチマチで、とaEれば失明と隣り合わせの非常にリスキーな手術だ・スのを覚えています。

しかし、そのマンガには2000年に厚生労働省がレーザーによる治輸F可してから、本格的に視力回復の手術ができるようになり、蠀S性も確立され、施術する人の数も年々多くなり、値段も20万を切るというものでした。

施術値段が蠀 ソにな・スということに毅ォました。自由診輸i保険外診輸jなのに、以前は100万位するものが20万程度で両眼の視力が回復できるなんて一体どんな手術なのだろうと非常に興味深く読み進めてい・スのです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.